見つめ〈愛〉の子育て。他人を感じながら、自分らしく生きていく人間に

 いずれ社会へ巣立っていく子ども達。社会で活躍するには、他人との信頼関係なくしては成し得ません。『ベーシック・トラスト(人を信頼できる能力)』は幼少期迄に育つと言われています。この心を養うことが最重要課題です。

 他人を知り、自分を知る。お互いを尊重しあうことで、相手の気持ちを察する心を養います。また、競争や勝負の後に出会う新たな気持ちに、希望と平和の観念を生みます。
 ひとり一人の状態に合わせ、論理的に基づいて体を動かすことや自由な発想で体を存分に動かすと同時に、精神面でも挑戦心(勇気)を培い、心身共にバランス良く成長していけるよう育んでいきます。
 多彩なレッスン、生活、人間関係から得る様々な個有体験、共有体験で、刺激に対する自分自身の許容値を徐々に増し、世界観や視野を広げ自信につなげていきます。
 経験・体験から感じ取ったものを、応用・創造・想像しどのように自己表現をしていくか。スタッフは子ども達の些細な訴えや素行を拾い上げ、個性へとつなげていきます。そして自己の実現と確立に導きます。
 定期的な子育て相談とは違い、日々の小さな疑問や悩みをその都度捉え、お子様に必要な環境をご家庭と連携して作っていきます。その時起きている目に見えた問題を解決するという方法ではなく、問題が表れて来る前から、お子様の将来を考え他人や様々な物事に向き合っていく上で必要な経験を与え、お子様と正面から真剣に向き合っていく方法をとっています。
CLOSE
 

スコーレ
ホームページのご感想・ご質問等はこちらまで

Copyright(C)since1999 SCORE. Allrights Reserved