♯1スコーレの早期教育にあたって

♯2必要な時に、必要なだけ

♯3心のリーダー

♯4見つめ〈愛〉の子育て

♯5信頼関係の構築から

   
   

 一口に早期教育といってもその解釈の仕方、方法は様々ですが、人格形成の基礎が確立されると言われる幼児期の教育として、お話させていただきます。

 現代は情報や物があふれている時代。すぐ物が与えられるので、子どもは自分から考える力が育たない。

 そんな中で、子どもが親から自立して物事を考えていく基になるものは何か。

 諺「三つ子の魂百までも」―――幼児に接していると、この言葉の適確さ、大切さをおおいに感じます。

 つまり幼児期の生活体験、行動学習こそがその基盤となります。

 教育というと、机に向って何かを勉強して、何かができた、上手に書けた、という目に見えることが重視されがちですが、そうではありません。

 自分の目で見て、耳で聴いて感動で胸が一杯になる。

  そしてそれを表にどう表現していくか、その思いにかられた時、創造力、思考力が芽生えます。

 それを引き出していくことにこそ“教育”があるのです。

 幼児期こそ、この教育を大切にしてほしいのです。
 
 自然破壊、核家族化が進み、さらに核家族で育った親の子ども達、共働きなど、社会の情勢は多様に進む中、集団による子ども社会は失われつつあります。

 しかしながら、体を目一杯動かし、のびのびと遊ぶ体験を通して子どもは“他人”の存在を知り、“家族”を感じながら社会性を身につけていきます。

 ○○ができた、○○ができない、手がかからない、大泣きしてしまう、などの目先の現象にばかりとらわれず、何事においても成長していることをじっくりと味わってほしいと願っています。

  次へ>>>
 
 
CLOSE
 
   
 
 当教室において、幼児期の健全なる成長には保護者の皆様のご協力が不可欠です。

  関わる大人全員が一体となって、試行錯誤しながらでも、一人ひとりの子どもの成長に一喜一憂し、お互いが成長しあうことが、子どもにとっての理想の教育環境だと考えています。

 見た目の環境や便利なサービスは、それがあって初めて“子どものため”になるものだと思います。

 どこそこのあそこがよいとか、何がしのあれがよいとかを問う前に、その子どもの今の姿を見つめ直し、これから何が必要なのかをじっくり話し合い、必要な時に必要なだけ、手をさしのべていきましょう。
 
<<<前へ
次へ>>>
ページトップへ
 
 
CLOSE
 
   
 
 スコーレは、人間がおりなす社会です。しかし、スコーレは“人間”の中の“大人”として果すべく使命があります。それが子ども達に対する“教育”です。

 スコーレの“教育”の中には、レッスン体験や生活体験、お友達や先生との共有体験を通して、『遊び』『信頼』『コミュニケーション能力』『表現力』『主体性』『自主性』『協調性』『身体バランス力』『精神力』などがあげられます。それらがバランス良く成長していくことによって、真の自立した人間に近づいていくことを念頭においています。

 どんなに個性が優れていても、自分勝手すぎてはいずれ取り残されてしまいます。かといって、周りに合わせてばかりいても、本当の自分はいつまでたっても見えず埋もれてしまいます。

 スコーレが育てたいのは、“心”の“リーダー”です。『家族』にとっても『他人』にとっても、そして『自分自身』にとっての“心のリーダー”です。

 “幸せ”と心から感じることができること、“平和”を心から願うことができること、そんな人間のベース作りをしていきたいと思うのが、スコーレの“教育”です。
  <<<前へ  
 
CLOSE
 
   
 
 “見つめ〈愛〉の子育て”とは、スコーレのすすめる子育て方法です。

 とはいえ、何も特別なことをするわけではありません。

 ただ日々、愛しさを持って目と目をしっかりと見つめ合い、お互いを感じ、思いやる。これだけです。

 皆さんはお子さんとお話する時、しっかりと目を見つめていらっしゃいますか?

 幼い子どもの表面に出てくる言葉や行動そのものだけを見ていませんか?

 背中から声をかけているだけにはなっていませんか?

 “見つめ〈愛〉の子育て”によって、その奥にあるメッセージが見えてきます。

 そんな深い関わりが築ける子育てなのです。

 スコーレでは、ママとお子さんの間に留まらず、スタッフ全員がお子さんに実践しています。

  幼い時こそ、ご両親とは勿論のことですが、他人との間にも深く信じ合う体験をしてほしいのです。

  人の温かさに触れ、自分の存在の尊さを常に感じながら成長していってほしいのです。
  <<<前へ
次へ>>>
ページトップへ
 
 
CLOSE
 
   
 
 これから社会の中で生きて行こうとする子ども達は、コミュニケーション能力や協調性、社会性が重んじられます。

 その上で創造力や表現力が個性を突出させていくでしょう。

 他人あっての社会では信頼関係が鍵を握ります。しかし、信頼関係の原点である“親子関係”がしっかり構築されていなければ、どんなに個性があっても社会の中では埋もれてしまいます。

 スコーレでは、人を信じる心から養っていき、自己基盤のあるコミュニケーション能力を徐々に身に付け、表現力や創造力を伸ばし、誠実で自己の目標・確立を目指せる人間を育成したいと考えています。
  <<<前へ  
ページトップへ
 
 
CLOSE
 
 
スコーレ
ホームページのご感想・ご質問等はこちらまで

Copyright(C)since1999 SCORE. Allrights Reserved