スコーレトップへ

Lifeクラスがお寿司に挑戦!!
本物の板さんがやってきた!!

●おすし屋さんが魚をさばきはじめる前に気合いを入れるため、“パン!”と手を打ったら、
「『蚊』がいたの?」ってきいて思わず板さん苦笑い!

魚をさばいている間、みきぽんが怖がってイスの上に後ろ向きに立って、ふりむきながら時々チラチラ・・・。 ちょうどそこにあった非常口のドアノブをカチカチやってら、カギが開いてしまいました!おっと〜!



●板さんが魚をさばいていたら「しょうゆついてないじゃん」と誰かが言いました。 本物(そのもの)のお魚が切身のお刺身になっていく過程をその場で体験し、率直に感じたことだったのでしょう。
大変興味深い言葉でした。

●このLifeクラスの授業の数日後、お寿司屋さんに行った子どもが「お魚さばいてる!」という言葉遣いをしたり、 色んな魚のなまえを言えるようになったり、また、ナマものがダメだった子が食べられるようになったりと、 色んな声をききました。


スコーレでは授業の一貫として、これからこうした実体験授業を多く取り入れたいと思っています。

平成12年11月21日 スコーレ

Copyright(C)since1999 SCORE. Allrights Reserved.